2005年09月24日

東京電力・テポーレの「健脳のススメ」に掲載されました!

東京電力(株)さんの発行する「健脳のススメ」に私かみふじの考えた問題が2005年9月16日号と9月30日号(これから)に掲載されました!

数ヶ月前に打診を受け、喜んでお受けしていました!

大企業のメールマガジンだけあって内容が充実しているだけでなく、豪華賞品も当たるので大変おすすめです!

東京電力(株)さんの発行する「健脳のススメ」

↑メルマガ無料登録で旅行券10万円等豪華賞品が333名様に当たります!

  

Posted by weeklyjob at 00:48Comments(0)

2004年11月25日

11/22号の解答の補足です。 32+□÷7=11

読者の方から質問を戴きました。
----------------------------------------------------------
こんにちは
毎回メルマガ配信で勉強させて頂いてます
 
0062号  2004/11/25  での問題で質問なんですが
 32+□÷7=11が 答えが−147となるんでしょうか?
 
恥ずかしながらわからないので質問しました
詳しい解答宜しくお願いしまうす。   (H.W.さん)
----------------------------------------------------------


(質問に対する回答です)
32+□÷7=11を解く前に計算の基礎として、
掛け算・割り算は足し算・引き算より先に解かなければなりません。


上記の計算は、「□÷7を先に解いて、32を足すと11になる」ということです。


さらに、□÷7を●で表すと、
32+●=11
    ●=11−32 (→=を挟んで移動すると符号が変わる「+32」→「−32」)
    ●=−21 ですね。


そこで、●=□÷7なので、
   □÷7=−21   
   □    =−21×7  (→=を挟んで移動すると符号が変わる「÷7」→「×7」)
         =−147
となります。


32+□÷7=11
    □÷7=11−32
    □  =−21×7
    □  =−147
ためしに−147を入れて計算すれば、
32+(−147)÷7=32−21=11 となりますね。


「毎日20問!」 かみふじ http://www.mag2.com/m/0000135500.htm

  
Posted by weeklyjob at 17:46Comments(0)

2004年11月19日

計算の基礎

  「毎日20問!」 http://www.mag2.com/m/0000135500.htm
  「毎日10問!」 http://www.mag2.com/m/0000137793.htm
 


 をご購読いただきありがとうございます。


 


メルマガの誌面と私の編集時間の都合上、問題の解説がかなりおおざっぱに
なってしまっており、誠に申し訳ありません。

問題を解くにあたり、再確認いただく計算の基礎は下記のとおりです。


<計算方法について>



【1】掛け算・割り算を足し算・引き算より先に解く。

   4+3×2=4+6=10

【2】カッコ()で囲まれた計算式を【1】より先に解く。

   (4+3)×2=7×2=14

【3】連続する掛け算・割り算は順番を変えても結果は同じ。
 
   4×3÷2=4÷2×3=2×3=6

【4】イコールを挟んで逆へ移動させると符号が逆転する。

   4+□=10 
       
     □=10−4
       
     □=6


<分数・少数について>



【1】分数のうち割り切れる少数で表現できるものもある。
  
   2/5=2÷5=0.4

   5分の2の意味は、2を5つにわけることなので
   2÷5=0.4となる。


【2】少数は分数で表現できる。

   1=1/1=10/10

   0.1=1/10

   0.01=1/100
  
   0.4=4/10=2/5


【3】分数の足し算は分母を通分(最小公倍数で同じ数に)する。

   (2/5)+(1/6)= (12/30)+(5/30)=17/30

   メルマガでは5分の2を(2/5)と表示しておりますが、
   正しくは次のとおりです。

   2     1    12     5    17
   ― + ― = ―― +――= ――
   5     6       30      30      30 



【4】分数の掛け算は分母同士・分子同士で計算する


   (2/5)×(1/6)=(2×1)/(5×6)=2/30=1/15


   上記はメルマガの書式上の表示ですが正しくは次のとおりです。

    2    1      2×1     2      2÷2       1
   ― × ― = ――― = ―― =――――― =―― 
       5    6        5×6      30      30÷2     15

  
Posted by weeklyjob at 00:00Comments(0)

2004年11月18日

出題形式

 計算問題  −−−分数の問題は「/」を使用しています。
          例:2分の1は「1/2」と表示


 書き取り問題−−−括弧内のひらがなを漢字にしてください。
          例:問「とうきょう」、答 東京

  
Posted by weeklyjob at 23:58Comments(0)

デスクトップに時計を表示するには

 <Windowsの時計の表示方法>
 スタート→設定→コントロールパネル→日付と時刻
 右クリックでショートカットを作成しデスクトップに置くと
 次回からワンクリックで時計を表示できます。  
Posted by weeklyjob at 23:54Comments(0)
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)